2.高すぎる国保税の引き下げを

国保税の引き下げ

共産党府中町支部がおこなった「町民アンケート」でも、高すぎる国保税を安くして欲しいという声がたくさん寄せられています。

なぜ、国保税が高いのか

その最大の理由は、国が国保にお金を出さなくなったからです。

30年前には医療費の半分近くを国が出していました。いまは三分の一まで減っています。

その分私たちの負担が増えている。

だから、国保税を安くするためには国の政治、変えることが必要です。

一般会計から国保へ財政を繰り入れる

それとともに、町でできることがあります。

町の一般会計から国保へお金を繰り入れれば、高い国保税安くすることができます。

健康診断とガン検診を無料に

先日、大阪の箕面(みのお)市に視察にいって来ました。

箕面市は健康診断やさまざまなガン検診を無料にし、市民の健康づくりをサポート。

早期発見早期治療で、大阪府で一番、医療費がかからず、国保税も低くなっています。

府中町も、健康診断とガン検診を無料にし、町民のいのちと健康をまもる。

そのことで国保税も安くできます。

一石二鳥ではないでしょうか。ぜひ進めていきたいですね。