向洋駅北口の線路ぎわの「近道」が閉鎖されました。残念。 

向洋駅北口、線路沿いの歩道が閉鎖されました。線路ぎわに蜂の巣があるようで、町の向洋駅周辺区画整理事務所がJRに巣の撤去を要望していました。

結局、蜂の巣は見つからなかったのですが、JR高架化(東部連続立体交差事業)に伴い、仮設線路を敷設する工事に入る準備で、このまま閉鎖することになりました。

 

まとまった雨が降ると歩道に水たまりができ、「なんとかしてほしい」という要望が寄せられました。

区画整理事務所に伝えると、すぐに対応していただき、大きな水たまりはなくなりました

エレベータもエスカレータもない向洋駅。朝は広島方面から北口で降り、踏切を渡ってマツダ本社へ行く人も少なくありません。帰りは海田や東広島方面へ行く人が北口から乗ります。この歩道がないと、少し遠回り。せっかくの近道がなくなって残念です。

*************

区画整理事業が済まないと北口は不便で閑散としたまま。区画整理事業は、JRの高架化と一体のものです。

高架化事業は、広島県と広島市が当初計画を変更(一部地域の高架化をとりやめる)したため、反対運動が起き、工事着工のめどすらたっていません。

工事遅延の原因は当初計画を貫かず、無責任な計画変更をした広島県と広島市にあります。府中町はそのあおりをうけているのです。

広島県と広島市は、高架化事業がすみやかに進むように努力して欲しい。

 

 

関連記事

Comment





Comment