なんとかしたい! 府中南小のトイレ 現地踏査①

10月18日、総務文教委員会で現地踏査をしました。

①府中南小のトイレの視察、②府中中央小の学童保育施設の視察、③給食の試食がその内容です。

まず、担当課長から町全体の学校のトイレについて説明がありました。

 

小学校は、洋式が121、和式が297

中学校は、洋式が107、和式が20

洋式化率は 全国が43.3% 広島県が52.6%なのに対して府中町は43.8% (広島市は29.3%)

(2016年度4月1日現在)

 

南小は以前から、トイレの臭いについての苦情があり、2016年の夏休みに業者に依頼して本格的な清掃、臭い対策を実施しました。臭いの原因は配水管にあり、配水管の勾配が足りないため、汚水が滞留し、臭いを発生させているそうです。

児童による清掃、PTAによる清掃をしつつ、年一回は専門業者に依頼しています。

(1)体育館のトイレ

まず、驚いたのは体育館の障害者用トイレです。アコーディオンカーテンも、もはや時代遅れですがなんとただのカーテン。しかも男子用にしかありません。これでは誰も使わないでしょう。

(2)校舎のトイレ

和式も洋式も、ひどいですね。

 





上のトイレを拡大したもの。

便座の汚れは拭いても取れません

視察をしたのが10月ですので、臭いはほとんど気になりませんでした。

業者を入れて徹底的に清掃したので、以前ほどの臭いはしないが、梅雨時と夏は臭うそうです。

(3)職員用トイレ

最後に驚いたのは職員用トイレです。なんと男女の仕切りが壁ではなく、簡易な厚さ5、6センチの間仕切り(パーテーション)です。

校長先生に「先生方は何も言わないのですか?」と聞きましたが、「私も最初、驚きました」と。

府中中央小学校の現在の校舎は、1967年に建てられ、全体として老朽化しています。全面改築を含め、早急に対策を講じることが必要です。

「今の1年生が卒業するまでこのまま、ということがないようにしていただきたい」と教育委員会に要望しました。

 

(4)府中中央小学校のトイレ

府中中央小にも伺いました。2015年に出来たばかりでピカピカ。



シャワーもあります。


廊下も広くて明るく、床もピカピカ。

南小学校に通う子どもたちがかわいそうでなりません。

全ての学校を一度に建て替えることは難しいでしょうが、学校間の施設の違いが長く放置されないようにしなければなりません。

 

2017-12-02 | Posted in 総務文教委員会, 議会No Comments » 

関連記事

Comment





Comment