府中町 榎川氾濫(1) 2018年7月10日(火)

7月10日(火)午前11時31分、「榎川が決壊しているとの情報が入っています。付近の方はすぐに高いところに避難してください」という緊急速報メールが届きました。

榎川は、川の底が周りの土地よりも高い天井川。決壊すればわが家へも水が流れ込んでくる可能性があります。

唯一の私有財産であるギターと妻のウクレレを高いところに置いて役場へ。

5階の議会棟の会議室は町民のみなさんに開放し臨時避難所となり、100人以上がつめかけました。

友人がフェイスブックに、どなたかが撮影した写真をアップしてくれました。

前に見えるのは「りゅうせん幼稚園」です。ガードレールの向こう側が榎川で手前は道路。どうしてこんなことになったのでしょう?

昼のニュース

りゅうせん幼稚園のすぐ下、寺山橋で流木と土砂が堆積。水を堰き止め、そこから本町側に水があふれています。

 

(道路に沿って水が流れていった模様です。だいたいの予想図。

家の中に泥が入ったお宅がどの程度あるのかはまだ分かりません)

 

(正午過ぎに役場から撮影した榎川。全く水がありません)

午後2時のニュース

重機で堆積した流木を片づけている様子。どのくらいで撤去が完了するのでしょうか。


(これは南側から撮影したもの。画面上方が本町3丁目です)

(これは本町側〈北側〉から撮影したもので、濁流が本町側へ落ちています)

 

午後4時のニュース 写真には一台しか写っていませんが、沢山の重機で土砂・流木撤去が進んでいる様子が映し出されました。

 

午後4時45分、自宅のある宮の町側は安全のようなので帰宅することに。

役場には、毛布、水、シートなど避難用品が積まれています。

 

近づけるところまで被災現場に行ってみました。

(17時ごろ 本町4丁目 水の深さは5センチほどです)

(総社橋から下流方向。水嵩は低く、ゆっくり流れています)

 

(手前は源駄橋。下流に見えるのは龍仙寺橋。急に水嵩が増え、龍仙寺橋も流木で塞がれている。土砂が堆積しているのか)

 

(17時10分 本町3丁目 りゅうせん幼稚園の川向こう)


(上下とも、バス停「龍仙寺前」付近。バス停の向こうに見えるのが「りゅうせん幼稚園」)

(本町3丁目 県道府中・祇園線〈152線〉 石井モーターサイクル付近)

(下の写真は同じ場所の反対〈北〉方向)

再び役場前

〈17時36分 まだ水は流れてきていない)

18時過ぎ帰宅

テレビをつけると、やはり山が崩れていました。しかも一か所ではありません。



今朝、以前書いた森林整備についての原稿を再アップしたばかりでした。

「森林整備を急げ」というタイトルをつけたのですが、まさか今日こんなことになるとは。

広島の山は花崗岩が風化してできた「真砂土(まさつち・まさど)」がほとんどで崩れやすい。

森林を整備して、崩落しにくい山にしていくことが必要です。

関連記事

Comment





Comment