箕面市に職員が研修に。一般質問が実る

(箕面市医療保健センター)

 

6月議会で次のようなやりとりをしました。

二見議員 3月議会で「健康診断やがん検診の無料化の実情やその効果を把握するために、町職員を箕面市へ研修にだすことを検討していただきたい」という質問に対して「町民の健康推進にかかることであり、前向きに検討する」との答弁でしたが、検討は進んだでしょうか。

福祉保健部長 町職員を箕面市に研修に出すことについてですが、今年度中の早い時期に、国民健康保険及び検診の担当職員を、箕面市に研修に行くように現在、調整しております。まずは、箕面市の実情と効果について、現地でしっかりと勉強させていただき、その上で、町としての施策について、しっかり検討してまいりたいと考えております。

 

11月22日に保険年金課・保健師、健康推進課・課長補佐の2人が箕面市に研修に行きました。

一般質問をして、初めて実現した要望です。

すぐには実現しないだろうと思っていたのですが、6月議会で上記のような答弁があり、正直ちょっとビックリ。

3月に質問、6月に研修にだすという答弁、そして11月、研修実現となりました。

「箕面市は医師会などの協力もえて、市をあげて健康づくりに力を入れている。何より現場をみて話を聞くことができてよかった」と研修の感想を述べていたそうです。

福祉保健部長はいずれまた詳しい報告をしますとのこと。楽しみです。

 

 

2017-12-21 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事

Comment





Comment